年収1000万だと3000万の家買って子供2人でも専業主婦なれる?

専業主婦2人の子育てをしながら3000万円の家(一戸建て)を買える? 30歳貯金なしから夫の収入だけで生活出来るのでしょうか!?

年収1000万だと3000万の家買って子供2人でも専業主婦なれる?

※計算はおおよその試算で実際とは異なります。

スポンサーリンク

専業主婦は女の夢?

専業主婦になりたい人は多いらしいが、本当に幸せなのか? 家に閉じこもっていると社会と繋がる機会が減ってしまいます。 また、憧れの専業主婦でも好きに使えるお金が無いと理想の生活とは言えないでしょう。 夫の年収1000万円で子供2人+3000万円の家+自由に使えるお金は手に入るのか?

夫婦の生活費を試算

2019年2月現在

【夫婦二人暮らし】月の生活費(仮定)
項目 夫婦 内・妻の分
テレビ受信料 2,064円
通信(携帯) 9,000円
光熱(平均) 18,000円
食費 38,000円
日用品 2,500円
消耗品 1,000円
交通 3,000円
医療 2,000円
ネット 5,000円
交際 15,000円 7,500円
衣服 20,000円 10,000円
美容 15,000円 7,500円
外食 11,000円 5,500円
娯楽 2,000円 1,000円
雑貨 400円 200円
旅行 7,000円
防災 1,000円
家具家電 5,000円
鞄/スーツ他 6,000円
冠婚葬祭 4,000円
生命保険 10,000円
帰省費等 5,000円
合計 181,964円 31,700円

夫の年収が30歳で600万円・35歳で1000万円になる

■妻のお小遣い約3万円「自由に使えるお金」なのか?は別として進めます。

【3000万円の家を購入】夫の給与収入と子供費2人分・老後の貯金

前提:給与 手取りは一般的な控除、雇用保険料(一般の事業)・健康保険料(協会けんぽ等)・厚生年金保険料を参考にした概算。 通勤費非課税は考慮しない。経年等による変動(増減)を考慮しない。他の収入は無しとする。

前提:一般的な家 例)土地の購入金額1300万円(小規模住宅用地:土地面積100㎡) 例)建物の購入金額1700万円(住居用の新築木造2階建:建物床面積100㎡) インフレは起きないとする。 下記はおおまかな試算で実際とは異なります。その他支払い・条件等がある場合を予めご了承ください。

30歳で出産→35歳で家を購入→住宅ローン59歳まで

  1. 30歳(初産と同時)で普通車を購入済み
  2. 例として、夫の給料は55~59歳で15%、60~64歳で40%下がる

2019年2月現在

最高世帯年収1000万円で3000万円の家を購入(仮定・概算)
項目
【30~34歳(5年)】
平均年収(妻の社保扶養・配偶者の控除含む) 600万円 無職(扶養)
月の手取30~34歳(5年平均)※児童手当含む 41.2万円
生活費(夫婦18・子供7.4・家賃5・車維持費5.7)/月 -362,000円
30・32歳:出産費(出産一時金含む) 子供生活費に含む
貯金30~34歳(5年) 300万円
残金:300万円(諸費用等-200万円・頭金0)=100万円
【3000万円の家】住宅ローン期間:35~59歳
住宅ローン借入額3000万円(25年固定・参考年利1.40%)
【35~54歳(20年)】
平均年収(妻の社保扶養/配偶者・子の扶養控除含む) 1000万円 無職(扶養)
月の手取35~54歳(20年平均)※児童手当/控除含む 63.7万円
夫婦生活費(家賃・車を除く) -182,000円
42.5歳:車両300万円+維持3万円/月(12.5年1台) -50,000円
住宅ローン返済(20年/25年) -118,576円
家の維持費等 -30,000円
子供費35~53歳(19年)・老後貯金53~54歳(1年) -256,424円
子供費総額(24年):6390万円・別途住宅ローン控除
【55~59歳(5年)】
平均年収(妻の社保扶養・配偶者の控除含む) 850万円 無職(扶養)
月の手取55~59歳(5年平均) 52.9万円
夫婦生活費(家賃・車を除く) -182,000円
55歳:車両300万円+維持2.5万円/月(12.5年1台) -45,000円
住宅ローン返済(5年/25年) -118,576円
家の維持費等 -25,000円
老後貯金55~59歳(5年) -158,424円
【60~64歳(5年)】
平均年収(妻の社保扶養・配偶者の控除含む) 510万円 無職(扶養)
月の手取60~64歳(5年平均)※年金含まず 33.5万円
夫婦生活費(家賃・車を除く) -182,000円
車両300万円+維持2.5万円/月(12.5年1台) -45,000円
家の維持費等 -25,000円
老後貯金60~64歳(5年) -83,000円
老後貯金(11年):1750万円

夫婦の生活費18万円は、年収1000万円に対して少ない方だと思いますが、 子供の生活費・教育費は24年間で1人/3190万円程度(住宅ローン控除含まず)なので、 これでも奨学金に頼りながら、節約も必要でしょう。

■(中学2年から塾・私立大学)→中学塾なし・国立大学に節約

2018年現在

子供1人(仮定・概算) 学校費/計 学費 習い事 給食 生活費 家具他 イベント 累計
0~3歳 自宅学習2年 12万円 12万円 158万円 12万円 22万円
幼稚園 私立3年 145万円 96万円 40万円 9万円 137万円 18万円 13万円 6歳517万円
小学校 公立6年 193万円 36万円 131万円 27万円 365万円 29万円 27万円 小卒1131万円
中学校 公立3年 166万円 40万円 90万円 36万円 241万円 12万円 16万円 中卒1567万円
高校 公立3年 171万円 83万円 52万円 36万円 277万円 15万円 22万円 高卒2053万円
大学 私立理系4年 809万円 680万円 48万円 81万円 389万円 56万円 大卒3307万円
節約前 節約内容 節約額
合計(学校費) (1497万円) 国立大学 -282万円
中2~高3 468万円 中学なし -140万円
追加費 大学1人暮し 232万円
生活費 0~22歳 1810万円
節約前(教育/生活) (4007万円) 節約合計 -422万円
節約後 3585万円

http://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/chousa03/gakushuuhi/kekka/k_detail/__icsFiles/afieldfile/2017/12/22/1399308_1.pdf 出典:平成28年度子供の学習費調査の公表について(報道発表資料)生涯学習政策局政策課調査統計企画室を加工 http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/shinkou/07021403/__icsFiles/afieldfile/2017/12/26/1399613_03.pdf 出典:国公私立大学の授業料等の推移を加工/2018年8月18日アクセス. http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/shinkou/07021403/__icsFiles/afieldfile/2017/12/26/1399613_01.pdf 出典:平成28年度 私立大学入学者に係る初年度学生納付金平均額(定員1人当たり)の調査結果について

!子供1人:いくら必要?大学まで3000万円以上!?

!子供:塾はいくら必要?大学合格まで平均500万!費用内訳

!子供1人:学費と教育費は大学まで最低1500万くらい必要

!子供1人:生活費は大学まで最低1600万くらいは必要

世帯年収が1000万円になる場合でも、節約に加えて20代で貯金をしていないと、 2人の子育て・学費、老後の貯金は十分にありません。 なお、20代から貯金すれば借入金を少なくすることも可能ですが、 若いうちから高収入だと家を買って子育てしたいと思っていない限り貯金は困難です。 いろんな誘惑のある人生で、手元にお金があって欲を抑えられるのは強靭な精神力の持ち主のみ。

スポンサーリンク

35歳貯金なし・子供2人で賃貸にしたら学費どうなる?

賃貸・家賃を抑えて学費工面を優先する

54歳までの収支(子供5歳~22歳×大卒2人)

2019年2月現在

【賃貸生活】/(出産30歳)35~54歳の収支(仮定・概算)
項目 収支/月 収支/年
手取(年収:夫1000万円(専業主婦の社保扶養) 616,000円 739万円
夫婦生活費(家賃・車を除く) -182,000円 -218万円
車両300万円+維持3万円/月(12.5年1台) -50,000円 -60万円
家賃100,000円(35~53歳の19年間) -100,000円 -120万円
家賃70,000円(54~54歳の1年間) -70,000円 -84万円
子供生活・学費(6475万円/35~53歳の19年間) -284,000円 -341万円
老後貯金(377万円/54~54歳の1年間) -314,000円 -377万円
合計:6852万円(子供生活・学費6475万円/老後貯金377万円)
(児童手当・子の扶養控除分を含まず)

控除や児童手当を含めると、子供1人当たり約3690万円(0~22歳通算)の養育費ですが、

!子供1人:いくら必要?大学まで3000万円以上!?

子供が優秀な場合でも、大卒まで1人当たり3700万円くらいは養育費が欲しい。 私立や大学で一人暮らしをする場合の費用はさらに必要でしょう。

賃貸は高齢になると新規の契約が難しいことがデメリットですが、 子供が巣立ってから住み替えが出来れば、老後の貯金額がアップします。 また、急に収入が減っても家賃を節約して調整出来るのも賃貸の魅力です。

家はギリギリの資金で買うものじゃない

■家の費用や所得税・保険料などが月に数千円上がるだけでも大違い

増額:月5,000円×12ヶ月×40年間=240万円

たった数千円でも、生涯にすると数百万円以上の差額になります。 家の所有には余力資金を用意しておかないと緊急時等にお金が不足します。 インフレが起きないとも限りません。

■生活費が月4万円上がると・・・

増額:月4万円×12ヶ月×家40年間=1920万円

家賃・車の維持費(車体代除く)・夫婦の生活費を合わせて20万円以下にするのが理想ですが、 夫婦二人暮らしで無駄遣いをしていなくても25万円程度の生活費は必要です。

!【夫婦二人暮らし】手取り25万では節約しないと生活費足りない

結論:高収入でも生活費は節約かも

年収を上げるのが難しい時は支出を抑えよう。

!【夫婦二人暮らし】生活費10万の節約方法内訳

■「一般的な家」の参考 出典:「マイホームを持ったとき1」(国税庁)を参考 https://www.nta.go.jp/publication/pamph/koho/kurashi/pdf/16.pdf(2019年1月10日アクセス確認)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする